工具箱ってただ工具を入れる物なんですよね。

19歳、学生時代、初めてバイク屋にバイトで入ったころ

そこには海外メーカーの工具箱が鎮座していた。

その頃はどの位の価値なのかどの程度のクオリティーなのかもわからなかった。

当時、世の中は海外工具ブームでした。

スナップオン、マックツール、スタビレー、ベータ

ハ王子にあるプロショップに通ったなあ。

クリスマスプレゼントにもらったMACTOOLの

シックネスゲージがはじめての海外メーカーの工具だった。

19歳になって、VMAXに乗って八王子から

我孫子の原工具さんへ2万円程度の工具セットを買いに行ったことを思い出した。

高校時代、静岡にあるバイクウェア専門店に恐る恐る入店した時、海外メーカの

バイクウェアの片隅にあった海外メーカーの工具箱。

その店、店主に言われた言葉は今でも覚えている。

〔まずは工具を買いなさい、工具を触っているとバイクを触りたくなる

バイクに乗ったらバイクウェア買いに来てね!〕

その店主に言われたのが、その我孫子の原工具さん。

そのときの工具、SKのスパナ、チャンネルロックのプライヤー、KTCのメガネレンチ。

重い工具箱をアパートから毎日駐輪場へ持ち出しては意味もわからずバイクを整備?破壊?

の毎日。高価な海外メーカーの工具ではなかったが、別に不満も無かったし、楽しかった。

いろいろあって、バイク屋のハシクレで生活させてもらっている現在、

あの、クリスマスプレゼントのMACのシックネスゲージもSKのレンチも

この工具箱に収まっている。

マックツールさんのような一流工具メーカーのバンが店の前に止ってマックツールさんが

営業に来てくれる。もちろんご商売だから、当然なのでしょうが、私のようなところに

店と店としてお取引させてもらえるのは、有難いと感じ、すべてが繋がっているのだなあと感じる。

今まで使っていた、大切な工具箱を大切な従業員に譲れる機会を持てていることも

あの原工具さんから買った2万円の大切な工具箱から始まったんだな気づきます。

まだまだ先には何があるかわからないけど、このつながりを大切に、小さなお店を続けていけたらなと

思います。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA